東京芸夢| ©TOKYO GEIMU CO.,ltd.

岡本 | バイヤー
Jolie Toujours バイヤー
2013年新卒入社

仕事の内容を教えてください

Jolie Toujoursで扱う商品(アクセサリー・雑貨)の企画とバイイングをしています。

岡本さん1

仕事のやりがいや、逆に大変だな、と感じることはどんなことですか?

自分が買い付けたアイテムが目の前で手に取られ購入される瞬間にやりがいを感じます。

現地にあるサンプルをそのまま買うだけではなく、オリジナルのデザインやパーツの組み合わせでオーダーすることも多々あります。
イメージ通りの物が見つからないこともあり、悩むことも多いですが、その分お客様に気に入ってもらえると頑張って良かったと思います。

大変だと感じることは、スケジュール管理です。
1週間のうち、本社勤務が3日、市場のリサーチを兼ねた店舗勤務が2日というスケジュールで動いています。
実務は実質本社勤務の3日間に凝縮されるので展示会、オーダー締切、店長会、出張準備を1週間でやらなければならなかったときは大変でした。

これまでの東京芸夢での経歴を教えてください。

入社後、Jolie Toujoursルミネ池袋店に販売スタッフとして配属されました。
4年目に店長代行、5年目に店長となり、昨年の12月、6年目でアシスタントバイヤーを任せていただきました。

東京芸夢で働こうと思った理由は?

小さな会社だからこそやりたい事にチャレンジできそうだと思い入社を決めました。
中小企業の良いところは、経営層と距離が近いところだと思っています。
私は接客も販売も正直得意ではありませんが、それ以外の働きを見てもらえる距離感だったからこそ、アシスタントバイヤーを任せていただけたのだと思います。
大手で人数が多い会社だと、もしかしたら今の仕事はできていなかったかもしれません。

休日はどのうように過ごしていますか?

友人と気になるスポットに出かけたり、映画を見たりして過ごすことが多いです。
ウィンドーショッピングもよくします。
新しく出来たところにはとりあえず足を運ぶようにしています。最近行った場所はスターバックス リザーブロースタリーや無地良品 銀座など、ジャンルは様々です。
映画も同じく、話題の物は一通り網羅していると思います。
ウインドーショッピングは表参道、銀座周辺、新宿が多いです。美容院や友人との約束などの用事のついでに、といった感じです。

これからの目標を教えてください

ブランドのファンを増やすことです。
ファッションには、身に着けるもの一つで気分や自分を取り巻く世界が変わって見える力があると思っています。
Jolie Toujoursの商品や空間を通して関わる全ての方にファッションの面白さを伝えていきたいです。

そのためにも、ブランドの世界観を伝えるスキルをもっと身につけたいと思っています。
コンセプトに合った商品、コーディネート、VMDを考え、スタッフ一人一人が再現できるように伝えています。
お客様にもスタッフにも、Jolie Toujours=「いつも素敵に」をビジュアルのみならず、ブランドの精神として発信していきたいです。

最後に、学生にメッセージをお願いします

常にポジティブでいることが大事です。
東京芸夢はキャリアに関係なく、やる気と結果を買ってくれました。
前向きに頑張っていれば、結果は自ずとついてきます。

Interview

求人情報に戻る

PAGE
TOP